スチュワードシップの育成
(次世代、次々世代の計画)

次世代、次々世代のファミリーオーナーが、株主としての権利のみならず、それに伴う責任、義務を認識し、オーナーとしてあるべき姿勢を学ぶための、具体的な計画を立てます。

次世代のオーナーシップ育成

株は持っているが知識も意識もないという継承予定の方がたのために、ファミリービジネスの3円モデルを基本に次世代オーナー育成をします。

株主協定の策定

日本では「株は分散させるな」というアドバイスが一般的ですが、それを鵜呑みにする前に、我がファミリーにとってそれは良いことか否かをしっかり検討する必要があります。メンバーの理解が不十分なまま、相続の時点でいきなり株を集中させると決めることはかえってファミリーの調和を乱す原因になります。欧米では近年分散型オーナーシップを採用しファミリーダイナスティへと進展する形が主流になっています。我がファミリーにとってどの方法がベストか充分議論し、納得した上で株主協定を定めます。株に関するルールを決めておくことは、将来の起こり得る様々な問題を事前に防ぐことになります。