1000年続いた技術を無くしたらアカン

すこし前の話になるが、NHKの番組、「長寿企業大国ニッポン」で、
世界一歴史の長い企業、「金剛組」が紹介された。

残念ながら現在は金剛家の手を離れて、
ファミリービジネスとは呼べなくなってしまったが、
飛鳥時代からの宮大工の技術を
1400年にわたって培い、今も引き継いでいる企業だ。

インタビューを受けた、若い職人は、
茶髪にピアスという姿でこう答えた。

 「1000年続いた技術を無くしたらアカン」

彼は自分の弟子達に、真剣に向き合い、技術を伝えようとしている。

姿かたちは変わっても、
1000年以上も変わらずに引き継がれているのは、
引き継ぐ人たちのこの「思い」であろう。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    次の記事

    父と子の対立