天武天皇の伊勢神宮永続の秘訣


新年おめでとうございます。

皆様良い年をお迎えのことと思います。

初詣は、地元の氏神様に参りましたが、
今年は又伊勢神宮に参拝したいと思っています。

神宮の神聖な空気に包まれると心も身体も癒され、
精神がまっすぐに整う、という感じがします。

以前、幼い息子を連れて参拝したときには、
旅の疲れでぐずっていた息子が、
伊勢神宮の境内に入ったとたん、
ぴたりと泣き止んだ経験があります。
神宮の空気には不思議な力を感じます。

伊勢神宮には、20年ごとにお宮を新しく作り変える、
「式年遷宮(しきねんせんぐう)」という慣わしがあります。
東西それぞれの同じ広さの敷地に、
20年ごとに社殿を新しく作るものです。

新しくなるのは建物だけではなく、
社殿に納められる装束や神宝なども
新しく作り直されます。

遷宮は1300年前に天武天皇によって定められ、
平成25年の遷宮は第62回目とのことです。
この遷宮によって、神宮はいつも新しく、
1300年前と変わらない姿を保つことができる
わけです。

ピラミッドを始め、世界の様々な文明が、
永遠を求めて石造りの建造物を作ってきました。
しかし、その建物が朽ちるころには、
それを作り直す技術を持った人たちは生きておらず、
技術は消滅してしまいます。

20年は昔の一世代にあたります。
20年に一度繰り返されるこの事業によって、
お宮を作る技術は次の世代へと引き継がれ、
失われることが無かった
のです。

引き継がれたのは建築技術だけではなく、
建築に使う木材や資金の調達、
遷宮を支える全国の組織、そのための人材育成など、
事業そのものが継承されることになりました。

天武天皇は、神宮が1300年の間、
常に新しく神聖な場所であるための
仕組みづくりを行ったということです。

式年遷宮のサイト

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です