ご先祖様に申し訳が立つか

歌会始で入選した、青森県の中村正行さんの歌

「田づくりも今宵かぎりと燒く藁の赤き火見つむ妻と並びて」

体調が悪く、農業をやめる決意を歌にしたものだ。

入選したことで、「米作りをやめてもご先祖さまに申し訳が立つ
という思いがしています」とのことだ。

 

ご先祖様に申し訳が立つか?

ファミリービジネスの経営者にとって、大きな決断をするときには
常にこの問いかけが自分の中に起きる。

この問いかけの答えを探すことで、ファミリービジネスのミッションを確認し、
引き継がれた価値観を反映させることになる。

そして、もうひとつの問いを自分に投げかけてみよう。

この決断を7代先の子孫が感謝してくれるか?

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です