理想的な世代交代

町のお医者さんには、ファミリーの名前を看板にする、
ファミリービジネス(?)が多い。

世代交代して若先生が院長になると、
先代の先生のファンだった患者さんが離れていくケースも多い。

町のクリニックでも、先代の経営、診療方針と意見が合わず、
世代交代がうまくいかない例もあると聞く。

埼玉県草加市の内山医院では、このような問題は一切無かった。

若先生は病院に勤務していたが、実家のクリニックに入る前から
院長交代について父親と話し合ってきた。

3年ほど前に院長を交代したが、以前からの患者さんは相変わらず
内山医院を頼りにして通い続けている。
新しい患者さんも増え、クリニックはますます繁盛している。

かといって、若先生は院長に就任してから何もしなかったわけではない。
むしろクリニックは大きく変わった。

順番を待つ子供達のために院内にプレイルームを作った。

クリニックのクレドを作成し、
クリニックが目指す姿、
スタッフが大切にすべき信条、行動規範を定め、
それまでは無かった毎朝のミーティングでこれを共有している。

スタッフと合宿を行い、そこでクリニックのシンボルマークを
全員で検討し、ロゴマークとマスコットキャラクターを作った。

このロゴマークのデザインを元に、クリニックの外装を新しくした。

順番待ちの時間を無くすために、予約システムを導入した。

このような改革を、若い院長は引退した父親に逐一相談しているが、
父親は一切反対せずに承諾してる。

この3年間でクリニックは大きく変わっているが、
その根底にあるものは変わっていない。
先代が心がけてきた、、患者さんたちとの会話を大切にすることだ。
クリニックのクレドもそのことを中心に作られている。

精神を受けつぎ、形を新しくする、
息子は父親や父親と働いてきたスタッフを大切にし、
父親は息子を信用し、口出しをせずに見守る。

理想的な世代交代の姿を見せていただいた。

内山医院 http://www.内山医院.com/

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です