ファミリーが共有する夢

経営コンサルタントを紹介する「経営堂」のホームページでの連載の第6回(その1)です。
=============================

「社長の夢は何ですか?」
と尋ねると、いつも
「夢なんかどうでもいい。会社が儲かることが先決だ。」
と答える社長がいた。

夢を語ることに照れくさい思いがあることは理解できる。
ましてや経営が苦しいときに、
夢などを語っているよりも、
早く利益を上げろと言いたくなる気持ちは身に染みてわかる。

しかし、この社長のまわりの幹部も親族も、
いったい社長がどうしたいのか、何を望んでいるのかがよくわからない。

幹部社員が利益を上げるための思い切った方策を提案すると、
社長はわが社のプライドにかかわるとか、業界から白い目で見られる、などと
よくわからない理由で却下する。

儲かるなら何でもいいと信じていた幹部社員は、
どうやらそうでもないらしい、と学習する。

社長は何を目指しているのか?
この答えがわからず、フラストレーションが高まることになる。

この社長にじっくり話を聞いていくと、
彼なりに大きな夢を持っていることがわかる。
どんな社長も夢を持っていないはずが無い。
それが無ければとっくに社長の座を退いていたはずだ。
ただ漠然としたイメージを、的確に表現する言葉を持っていないだけなのだ。

ファミリーが夢を共有し、さらに社員と共有することは、
ファミリービジネスの大きな原動力になるものだ。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です