夫婦関係の危険信号

10年以上の結婚生活の後、離婚を経験した知人の話だ。

思い起こすと、離婚の話が出る何年か前から、
その兆候と思われる現象があったという。

・それまでは無かったのに、「言った」「聞いてない」という言い争いが多くなった、

・それまではテレビを消して相手の話を聞いていたのに、
 いつの間にかテレビを見ながら聞くようになった、

・互いに「ありがとう」と言わなくなった。

ご主人が急にバイクに乗り始める、サーフィンに通いだす、
といったケースも要注意とのこと。

「ひとりの時間が欲しい」という心理がそうさせるのではないか。

この方もバイクを趣味にしていて、
ツーリング仲間の夫婦を見ていると、
旦那が運転するバイクに二人乗りで奥さんが乗る夫婦と、
奥さんも免許を取り、二台でツーリングに参加する夫婦を比べると、
奥さんも免許を取る夫婦のほうが夫婦仲がよいという。

幸福感をより良く共有できる夫婦のほうが
安定した関係を育てることができる。

夫婦円満のヒントがここにある。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です