常識を検証する:「後継者は他社で修行すべき」は正しいか?

Family Business MagazineのJoe Astrachanの記事から、もうひとつ。

「後継者は3~4年は他社で修行すべき」という常識がある。
学術研究の結果から見て、これは正しいのだろうか?

実は、このことを直接支持する研究は、まだ行われていない。

しかし、関連する研究から以下のことが言える。

繁栄と永続のために、

  • 子供は両親と大人としての関係を持つべきである。
    • 他社での修行がこのことを可能にするとも言える。  
  • 親子の関係は、他社で修行するか否かよりも、年齢による影響が大きい
    • 20代~30代前半は親から学ぼうとする姿勢が強く、  
    • 30台後半~40代は親子は対立する傾向にある。 

つまり、親子が大人同士の関係を作るために、他社での修行は有効だが、
絶対条件、とまでは言えないのであろう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です