地域の活動とファミリー・ソーシャルキャピタル

ファミリーのソーシャルキャピタルの育成のために、
町会、商店街、商工会、青年会議所などの活動が
重要な役割を果たしている。

親子の関係が障害になって、父親から直接手ほどきを受ける機会が無い経営哲学を、
地域の活動を通じて知り合う父親や祖父の友人から学ぶケースが多い。

師弟関係(メンター、メンティー関係)を結び、互いの子弟の成長を支援しあう関係ができる。

女性の後継者の場合は、父親世代よりも年齢が離れた祖父の世代のメンターを持つ場合もある。

このようなネットワークで地域の経営文化が醸成され、承継されていく。

幾つものファミリーが複数の世代に渡って参加する地域のコミュニティーが
ファミリーのソーシャルキャピタルを高め、同時に地域のソーシャルキャピタルも高まることになる。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です