なぜ今ファミリービジネスなのか(6)家族の絆、地域社会の絆

NHKが朝と夜のニュース番組で
『日本社会は、なぜ絆を失ってしまったのか。
どうすれば、新しい絆をつくることができるのか』
をテーマにキャンぺーンを行っている。

「絆」は、重要な社会関係資本であり、
これを失うことは、社会の力、国の力を失うことにつながる。

ファミリービジネスは、家族の絆に基づいたビジネス形態である。
ビジネスの成功のためには、ファミリーの絆を高める必要があり、
さらにその絆を非ファミリーの従業員にも延長していく。

その絆は、地域社会にも広がり、
ファミリー、ビジネス、地域が交じり合う強いネットワークを形成する。

これがファミリービジネスの経営資源であり、強みの源泉となる。
ファミリービジネスの発展は、地域の力を高め、国の力を高めることにつながる。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です