長寿企業はほとんどファミリービジネス(同族企業)

このところ、長寿企業や老舗に関する本が多く出版されています。

主なところを挙げると、

などです。

日経新聞の連載、「200年企業ー成長と持続の条件」の影響もあるのでしょうが、
確かに時代は事業継続の秘訣を求めています。

単に景気が悪いのでサバイバルの秘訣を知りたい、というだけでなく、
長期にわたって社会から支えられる存在こそ、企業が目指すべきもの、
という認識が広まってきているのではないでしょうか。

100年、200年と続けてきた企業は、
長い間ずっと社会に認められ、支えられて来るだけの価値を提供してきた、
という意味で、尊敬に値する存在なのです。

実は、これらの本で紹介されている長寿企業のほとんどは
ファミリービジネス(同族企業)です。

長寿企業の歴史の底辺には、
それを支えてきたファミリーの歴史があります。
それぞれが、何世代にも渡る、壮大な物語です。

ファミリービジネス・コンサルタントの仕事は、
ファミリーがファミリーの物語を作るサポート役と心得ています。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です