ファミリービジネス・アドバイザーの役割

私がFFIのコンファレンスに毎年参加する理由のひとつは、
経験豊かな先輩ファミリービジネス・コンサルタントたちの
話が聞ける、ということだ。

昨日の3人のベテランのアドバイザーの共同発表は、
奥の深いものだった。

弁護士、心理学者、組織論をそれぞれの専門分野にする3人が、
ひとつの事例についてそれぞれの立場からの視点で
解説をする、というものだ。

それぞれの専門分野からの知見を重ね合わせると、
ひとつの事例が立体的に見えてくる。

ファミリービジネス・アドバイザーの役割として、
3名が一致した見解として訴えたことは、

ファミリービジネス・アドバイザーの役割は、

  • クライアントのファミリーの成功の定義を導くこと(何が成功か?はファミリーごとに違う)。
  • ファミリービジネスに隠された「時限爆弾」を見つける。
  • 成功に導く知識、能力をクライアントに教育する。
  • 他の選択肢を提示する。
  • クライアントの目標までの時間、費用を見積もる。

ということ。

こんな話を聞けただけでも、
やっぱり来てよかったと思うのだ。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です