親族がビジネスを離れるとき

今年10月のFFI総会のセッションの一つに、
親族がビジネスを離れるための条件についての発表があった。

Kenneth Kaye(心理学), Daisy Medichi(組織論), Steve Sally(法務)の三氏によるもの。

ファミリーの構造、ガバナンス、リスクなどの考察を重ね、ベストプラクティスを提案。

結論としては、「ファミリー全体が集まり、現実を認識し、お金と感情の問題を話し合う」こと。

このために、ファミリービジネス・アドバイザーの仕事は、

  • ファミリーの成功の定義を導く
  • 隠れた時限爆弾を見つける
  • 成功に必要なものを教育する
  • 選択肢を提案する
  • クライアントの目標達成までのコスト、時間を見積もる

ことである。

大変勉強になるセッションでした。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です