メンターとの電話

今、FFIのメンターとSkypeでのミーティングを終わりました。

ミーティングのテーマは、メンターが書いたケーススタディーについて。
父親がビジネスを創業し、成功させ、
長男が営業部長で働いているにもかかわらず、
家族の相談なしに会社を売却、
それぞれの家庭を持つ5人の子供たちは
上手くいっている家もあれば嫁ぎ先の事業がうまくいっていない家もあり、
足並みがそろわない。

父親は会社売却の資金で投資マネージャーを雇い、
ファミリーオフィスを設立、資産運用と共に
基金を作り地元の病院を支援。

5人の子供のうち、二人はファミリーオフィスの運営に参加するが、
3人は無関心。

そうしているうちに父親が他界、病弱の母親と5人の子供たちは、
今後の資産運用に関してコンサルタントに支援を求める。

コンサルタントとして、あなたはどのようなアドバイスをするか?

というもの。

私が提案したプランは、ケースを書いた当人も、それは考えていなかった、と、
けっこう受けていました。

これは、FFIのFamily Wealth Advising認定プログラムの一環で行っている、
メンタリングプログラムです。

毎月、このメンターの先生とSkypeで話し合っています。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です