ファミリーガバナンス

昨年は大王製紙の三代目の事件が大きな話題になりました。

ニュースでは三代目個人の問題として取り上げられていました。
私も2つのテレビ番組からインタビューを受け、三代目の特殊性について話しました。

確かに三代目個人の暴走がこの事件のニュース性のある部分ですが、
200年企業を目指すファミリービジネスのオーナー経営者に考えていただきたいのは、
別のポイントです。

それは、

ファミリーガバナンス

です。

社内の非ファミリー幹部を始め、ファミリーのメンバーも、
この三代目の暴走を誰も止められませんでした。

優秀さに欠ける後継者や、
今回のように優秀すぎるためにバランスを欠いた経営者など、
7代、200年の間には、このようなことがあることを想定しておかなければなりません。

京都の老舗の家訓には、
わがまま、身勝手な主人に対して、
親族・分家・別家が連合して異議を申し立て、
それにも従わない場合には、押込(座敷牢)・隠居を申し付けること、
というガバナンスの仕組みを明記しているものがあります。

井川家、大王製紙には、このような仕組みが作られていなかったのか、
仕組みはあったが機能しなかったのかはわかりませんが、
三代目の暴走を早い段階で察知し、対処することが必要でした。

通常のファミリービジネスでは、
非ファミリー幹部は、創業家に対して意見を言いにくいものですが、
江戸時代の商家は、非ファミリー幹部を「別家」として、ファミリーに準じる扱いをし、
ファミリーに対する発言を奨励しました。

欧米のファミリービジネス・コンサルタント達は、
この「ファミリーガバナンス」を重視し、
ファミリー評議会やファミリー役員会を推奨しています。

我々も、江戸時代の先人の知恵に習う必要があるようです。

 

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です