自分にはオヤジの血が流れている

多くのファミリービジネスのオーナー経営者は、
若いころの父親との対立を語りながら、
「でも、自分にはオヤジの血が流れている。」
と話します。

アプローチ方法や得意分野は違っていても、
ファミリーとビジネスに対する強い思いは変わらないのだと思います。

ファミリービジネスの持続的発展の原動力もここにあるのです。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です