ファミリー企業家志向

ビジネスの永続性に着目した研究は数多くあるが、
オーナーファミリーの世代を超えた企業家精神に関する研究は少ない。

ファミリーの持つ継代企業家精神 (Transgenerational Entrepreneurship) に着目した研究がある。

From Longevity of Firms to Transgenerational Entrepreneurship of Families: Introducing Family Entrepreneurial Orientation

    Thomas Markus Zellweger
    Robert S. Nason
    Mattias Nordqvist

Family Business Review November 7, 2011

継代企業家精神とは、
「ファミリーが企業家マインドセットとリソースを使い発展させるプロセスと、企業・ファイナンス・社会的価値に世代を超えて新しい流れを作る能力」

企業の永続性だけを考えると、
複数の企業で構成される企業グループを持つオーナーファミリーの場合、
(実際に中規模以上のファミリービジネスは、1社だけのビジネスではないケースが大半)
グループ内企業の統廃合は頻繁に行われており、
ファミリービジネスの全体像は見えてこない。

報告では予備的調査を踏まえて「ファミリー企業家志向」というコンセプトを提唱している。
企業家志向とファミリー志向は長期的には両立しないという説(Martin & Lumpkin, 2003)があるが、現実はそうではないと指摘。

調査では「ファミリーの継代的企業家志向」と「ファミリーのリスク・変革志向」が独自の因子として見出された。

今後、オーナーファミリーが代々育む企業家精神の研究が進むことを期待しています。

 

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です