世阿弥:「家をつなぐのに大切なのは、血ではなく芸」

200年クラブの会員向けビデオのために、
観世流太鼓方の観世元伯氏(父・同流十六世家元観世元信)にインタビューしました。

お能の歴史、芸を継承すること、時代に合わせて変えていくこと、変えないことなど、
600年以上の年月を重ねて生み出されてきた精神と、繋いでいくための方法をお聞きしました。
ファミリービジネスにとっても、永続のためのヒントが満載です。

 

その中で印象的だったのが、

「継ぐをもって家とす」(世阿弥)

という世阿弥の言葉です。

血の繋がりだけを家と考えるのではなく、
芸の神髄を伝えることを家と考えよ、

という意味だそうです。

室町時代からすでにこのような考えがあったということ、
長寿企業大国日本のルーツに触れる思いがします。

 

フォローする

    世阿弥:「家をつなぐのに大切なのは、血ではなく芸」” に対して1件のコメントがあります。

    1. とても魅力的な記事でした!!
      また遊びに来ます!!
      ありがとうございます。。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です