兄弟経営チームの成功要因

このところ、兄弟で経営するファミリービジネスからのコンサルティング依頼が続いている。

世代交代の時、先代も兄弟経営であれば次世代の兄弟経営にあまり大きな問題は生じない。次世代は手本を生で見ているからだ。

しかし、ワンマン経営者の次世代が兄弟経営に挑むとき、問題が起きやすくなる。

兄弟は父親のワンマン経営に慣れ親しんでおり、兄弟皆が父親のように動き出す。チームでの経営は暗礁に乗り上げることになる。

その場合は、兄弟の間で、新たな意思決定のルールを作らなければならない。チームを設計することが必要になるのだ。

 

兄弟経営チームの成功要因を探った研究がある。

(The Role of Selected Team Design Elements in Successful Sibling Teams Shelley Maeva Farrington, Elmarie Venter, Christo Boshoff Family Business Review June 2012 vol. 25 no. 2 191-205)

南アフリカで兄弟で経営する371人に対して行った調査だ。

FB兄弟チーム成功に影響を与える5つのチーム設計の要素について検証した。5つの要素は、戦略的リーダーシップ、経営資源へのアクセス、スキルの多様性、各人の能力、役割の明確さである。

チームの成功は、会社の業績とファミリーの和という2つの指標で測った。

 

調査の結果、(1)タスクを完了するために必要な経営資源へのアクセス、(2)兄弟チーム内のスキルの多様性、(3)目標、ビジョンを共有し、合意を形成する戦略プランニングの3つの要素が兄弟経営チームの成功に大きな影響があることが分かった。

著者はファミリービジネスアドバイザーに、以下の点を示唆している。

・アドバイザーは、チームワークの一般論を適用するのではなく、ファミリーごとにテーラーメイドの処方を行うべきである。

・兄弟は、各人の個性、スタイルに合ったスキルを磨き、全体でスキルの多様性を高めるべきである。

・兄弟チームは、必要な経営資源や情報へのアクセスを与えられる必要がある。

・目標、ビジョンを共有するため、戦略プランを共同作業で開発するべきである。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です