なぜファミリー評議会を行うのか。その3

ファミリー評議会を行う理由 その3: ファミリー内の利害関係の調整

オーナー経営者は、単独で意思決定することが多い。
通常はオーナー経営者の独裁的な意思決定に周囲も従う。

ところが、ビジネスが成長するにつれ、
配偶者や親族内に反対意見が多いことに気付く。
特に遺産相続時の株の分配などでこの問題が表出する。

それまで独裁的に意思決定してきたオーナー経営者も、
ファミリー内の多くの意見を聞き、
ファミリーメンバーが納得するような話し合いが必要と感じるようになる。

オーナー経営者の独裁的な考えのままに株を相続させた場合、
その死後、ファミリー内で争いが起きる例は数えきれない。
如何に強力な権限を持ったオーナー経営者であっても、
その死後までその力を保ち続けるのは至難の業である。

最近では韓国サムスンの第2世代で、兄弟姉妹を2分する争いがおきている。

ファミリー評議会は、このような問題の話し合いの場であり、
ファミリーとビジネスの将来をより確かなものにすることができる。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です