ファミリーオフィスの成功の鍵

2日目の午後はファミリーオフィスに関するセッション。

ファミリービジネスの第二世代の後継予定者が、専門家3人のアドバイスを聞きに来た、という設定でのプレゼンテーション。相談者は会社の状況だけでなく、父親が事業に成功して財産を築いたが、80代になり体も弱ってきた。父親は税金対策だけを考えて財産管理してきたが、何を目指しているのかがよくわからない。兄弟はそれぞれ別の仕事についているが、疎遠になっている。会社の後を継ぐのは自分。自分の子供たちは順調に育ち、有名大学に通っている。自分は仕事だけに集中していてもよいのだが、この財産を前向きに生かしていくために、ファミリーオフィスを検討したい、というのが相談内容。

3人の専門家のアドバイスの概略は、

  • まず目的を明確にすることが必要。その目的をファミリーオフィスがかなえることができるのか、目的に沿ったファミリーオフィスの設計がある。
  • ファミリーオフィスはもう一つの事業を始めるようなもの。それなりのコミットメントが必要。
  • 柔軟に考えること、タイミングも重要。疎遠になった兄弟(会社の株は共有)が、一つの目的のために話し始めるきっかけにすることもできる。
  • いきなり大きな機能を持たせるのではなく、小さく初めて育てていくのが良い。

ちょうど米国が債務危機を回避した翌日であったためか、ファミリーオフィスもこれから見込まれる増税にしっかり備える必要がある、とのメッセージも。

 

 

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です