伯母の葬儀

先日伯母が92歳で亡くなりました。

老後は四人の娘とその家族が看てくれて幸せそうでした。

ひとつだけ悔いがあるのは、「家」を続けられなかったこと、とのこと。

伯母は夫婦養子で、ビジネスファミリーに嫁ぎました。

一男四女を授かりましたが、夫に続き、長男も若くして亡くなり、事業も夫の代で閉じました。

大正生まれの伯母にとっては、

家を存続させることは最も大事な使命と思っていたことでしょう。

一つの家がこの世から消えました。

こうして家の形は変化し、社会や時代もまた変化していくのだなぁと、

伯母の笑顔を思い出しながら思っております。

キャプチャ

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です