三代で終わらせないために

 

 51C4VoTyl8L__SY346_弁護士として長年ロックフェラー家をはじめとする数多くのファミリーの資産管理や子弟教育に携わっているジェームズ・ヒューズ氏は、同族経営が3代で終わるのは自然の摂理だと言っています。

次世代、次々世代の繁栄のための策をとらなければ三代で終わると 考えるべきです。それを阻止するためには、ビジネスの努力だけでは足りません。三代(100年)の間には経営環境の大きな変化に加えて、ファミリーにも大きな変化が起きます。強い意志でビジネスに取り組むファミリーを育成し、代々その精神を伝える仕組みづくりが必要です。

 

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です