盛んになるファミリービジネス教育

 

米国のFFI(Family Firm Institute)によると、2014年時点で世界には182の大学・大学院がファミリービジネスのコースを提供しており、その中の24校は学生だけでなく、社会人向けのコースも提供しているとのこと。

 

これは2013年までの5年間で20%の増加です。25年にわたるファミリービジネスに関する数多くの研究の結果、大学でこのようなコースが可能になったのです。

 

多くのビジネスファミリーがそのメンバーをこうしたプログラムに送り込んでおり、すでにファミリーの6~7人は受講したというファミリービジネスは珍しいものではありません。受講の成果は大きく、ファミリーのコミュニケーションの大幅な改善や、会社とファミリーの関係の改善に役立っています。中には親族、幹部社員含めて35名も送り込んだ従業員650名の会社もあるとのことです。

 

 

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です