ファミリービジネスは強い

ファミリービジネスの方が非ファミリービジネスよりも業績が良いという研究者の発見を皮切りに、この20数年で、欧米でファミリービジネスの研究が進んできました。

 

いくつもの調査によって、ファミリービジネスの業績の良さが確認されていますが、まず世界的な視野で見た調査結果を挙げてみます。

 

図1は、イギリス、フランス、アメリカのファミリービジネスと非ファミリービジネスの資本効率の指標、ROEを比較したものです。各国でファミリービジネスの資本効率が非ファミリービジネスをしのいでいることがわかります。

 

図1 各国のファミリービジネスと非ファミリービジネスの資本効率(ROE)の比較

 

ファミリービジネス

非ファミリービジネス

イギリス

48.77%

34.07%

フランス

25.20%

15.80%

アメリカ

58.59%

48.26%

イギリス:非上場のファミリー企業と非ファミリー企業を比較(97年~99年)

フランス:製造業1000社から業績と規模が類似するファミリー企業と非ファミリー企業を47組を比較(82年~84年)

アメリカ:S&P500社から銀行と公益企業を除いた403社をファミリー企業と非ファミリー企業に分けて比較(92年~99年)

出典:『日経ベンチャー』2007年4月号

 

ファミリービジネスの業績が良いということは、日本にも当てはまります。ファミリービジネス白書2018年によると、日本の上場企業のなかでのファミリービジネスと非ファミリービジネスを比較すると、ROA(総資産利益率)は以下の表のとおりになります。

 

2016年3月期

2017年3月期

ファミリービジネス

6.83%

6.66%

非ファミリービジネス

5.35%

5.44%

 

明らかにファミリービジネスのほうが業績が良いことがわかります。

 

世界一の小売業や、世界一の自動車メーカー、世界一の穀物商社、世界一の家具メーカーなど、世界一の規模を誇る企業にファミリービジネスが名を連ねています。また、エルメス、フェラガモ、リーバイス、シャネルなど、誰もが知っているブランドにもファミリー企業が多いのです。

 

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です