3円モデルをシステムと捉える

 

三円モデルには、立ち位置によって異なるニーズや利害を知ること以外にも重要な意味合いがあります。それは、ファミリー全体を、ファミリー、ビジネス、オーナーシップという要素を持つ、ひとつのシステムとして捉える、ということです。

 

システムという言葉は様々な意味に使われますが、ここでは、物理学や生物学から社会学、経済学に至るまで幅広く用いられている、一般システム理論で用いられる意味でのシステムと考えます。

 

一般システム理論によれば、システムとは以下のようなものです。

・システムは互いに作用している要素からなるものである

・システムは部分に還元することができない

・システムは目的に向かって動いている

・ひとつのシステムの中には独特の構造を持った複数の下位(サブ)システムが存在する

・下位システムは相互に作用しあいながら調和し、全体としてまとまった存在をなしている

 

 

 

 

 

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です