長期的な視野でとらえる

 

ファミリービジネスを何世代にもわたる長期で考えるために、この3円モデルを時間の経過を踏まえて発展させたものが「三次元発展モデル」(※1)です。

 

 

これは、Kerin Gersick、John Davis、Ivan Landsbergらがまとめたもので、ファミリービジネスシステムの発展段階をわかりやすく図式化したものです。

  三次元発展モデル

 

ここに見えてくるものは、ダイナミックに変化していくファミリービジネスの姿です。3つのサブシステムであるファミリー、ビジネス、オーナーシップはそれぞれの事情で変化していきますし、他のサブシステムからの影響も加わっているのです。

 

※1 Generation to Generation  Kelin E. Gersick, John A. Davis, Marion M. Hampton and Ivan Landsberg. Harvard Business Press 1997

 

 

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です