これまでのファミリーの発展段階

 

ファミリー、ビジネス、オーナーシップには、それぞれ独自の変化のプロセスがあります。

 

このプロセスはそれぞれのファミリービジネスによって違いがありますし、近年は生き方の選択肢も増え、必ずしも当てはまらないケースが多くなってきていますが、これまでの典型的なパターンをご紹介します。

 

ファミリーの発展は、結婚から子育てまでの「ヤングアダルトファミリー」、子供が社会に出てファミリー企業に参加する「子弟参加」、親子で経営にあたる「親子共同就業」、引退して子供にバトンを渡す「世代交代」と、大きく4つの段階に分けることができます。(図参照)

 

段階

年齢

課題

ヤングアダルトファミリー

親  40歳以下

子供 18歳以下

結婚、子育て、仕事と家庭

子弟参加

親  35~50歳

子供 10~20代

子供の独立

子供のキャリアのサポート

親子共同就業

親  50~65歳

子供 20~45歳

世代間のコミュニケーション

ファミリーの拡大

世代交代

親  60歳以上

ビジネスから引退 

ファミリーのリーダーシップ交代

 

ファミリーは40~50年でこのサイクルを繰り返します。そしてそれぞれの段階で、異なる課題に取り組むことになります。

 

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です