ファミリー、ビジネス、サブシステム間の好循環を目指せ

好循環

分散オーナー型を選択し、ファミリーガバナンスに失敗した場合、分散オーナー型は単独オーナー型に劣るもので、ファミリー内部の対立、ビジネスに対する無関心、全体を見ることなく利益のみを追求する分家、経営陣の人事をめぐる対立などの混乱を招き、やがてファミリーがビジネスを害するものになり、ファミリービジネスの弱みを露呈するようになっていきます。

 

そのため、欧米の多くの優良ファミリービジネスでは、分散オーナー型の上にファミリーガバナンスを構築することに真剣に取り組んでいます。

 

サブシステムとしてのビジネスが、ファミリーに豊かな資金を還流させ、ライフスタイルを担保し、充実した仕事の場を提供する一方で、サブシステムとしてのファミリーが、ビジネスに対して創業の理念に基づく価値観を提供し、世代を超えて優秀な人材を送り込み、ファミリーが持つ社会的信用や人的ネットワークを提供する。

 

単独オーナー型か、分散オーナー型か。どちらのオーナーのタイプを選ぶにせよ、このような好循環を内包するファミリービジネスシステムが、目指すべき姿であろうと思います。

 

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です