家族の歴史がもたらす危機からの回復力

1990年代後半、エモリー大学のポジティブ心理学者である
マーシャルデュークとロビンフィヴッシュは、
回復力に影響を与える家族的要因について重要な発見をしました。

彼らは、祖先の歴史について多くを知っている子供たちは、
知らなかった子供よりも回復力がある傾向があることを発見しました。

危機に直面したとき、家族の歴史を紐解くことは、
前進するための光となります。

マーシャルデュークとロビンフィヴッシュの
10の質問を皮切りに、家族で話し合ってみるのはいかがでしょうか。

  1. 両親がどのように出会ったか知っていますか?
  2. お母さんがどこで育ったか知っていますか。
  3. お父さんがどこで育ったか知っていますか?
  4. あなたの祖父母がどこで育ったか知っていますか?
  5. 祖父母がどこで会ったか知っていますか?
  6. あなたがどのように生まれたかを知っていますか?
  7. あなたの名前の由来を知っていますか?
  8. 家族の中であなたが一番似ているのは誰か知っていますか?
  9. あなたの両親が学んだ教訓を知っていますか?
  10. 親戚が笑顔が足りなかったために不機嫌そうな顔で顔が「凍った」ことを知っていますか。

参照:https://www.aspenfamilybusiness.com/we-all-have-a-story/

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です