ファミリーの「夢」

心の奥深くに一族が代々受け継いでいる「夢」のようなものを垣間見ることがあります。仕事に対する情熱を突き動かしている、心の根源にあるもので、日ごろ言葉になることはありませんが、様々な意思決定や人間関係にファミリーが持つ「夢」が影響しているように思われます。ファミリー全員がこの夢に沿った考え方や行動をとることは当たり前と考えています。細かく観察すれば、メンバーによって体現の仕方は違いますが、それはファミリーを特徴づけるものであり、ビジネスの根源的な経営資源ともいえるものです。例えば、次のような例があります。

〇貧しさからの脱却

 創業時代に貧しさと闘いながら、経済的豊かさを夢見て家族で苦労を重ねたファミリーが持つ夢。身を粉にして働くことで豊かさを手に入れ、維持、発展させることができるという夢です。成功して豊かさを手に入れた後にも、貧しさに対する極端な恐れを持つことがあります。

〇一族のライフスタイルの安定

 一族全員が、社会平均以上のライフスタイルを維持することが創業一族の当然の権利であるとする夢です。この特権意識と同等の義務感、責任感を伴う夢であれば、ファミリービジネスの永続性につながるものですが、責任感がなく、特権意識だけの夢を持つファミリーの場合、いかに大きな資産を持っていたとしても世代を超えて維持発展させることは困難です。

〇地域社会とのつながり

 地域社会に受け入れられること、地元に恩返しをすること、貢献することに幸福感、満足感を感じる夢です。逆に地域社会の信頼を損なう考えや行動には拒絶反応を起こします。一族にとって大きな責任を負わせる夢であるため、ファミリーメンバーは強いストレスを受けることになりますが、それが強い人間性や胆力を鍛える原動力にもなります。しかし、このストレスに負けて、不健全な行動をとる者が出るリスクも抱えています。

ファミリーの夢が、時として極端なファミリーの雇用優先主義や、ファミリーへの高額な役員報酬として表れ、ビジネスの発展を阻害したり、寿命を縮めたりすることがあります。そのようなときには、中立な支援者のアドバイスを受けながら、夢を修正することも必要になります。

ファミリーの持つ夢が、他者との比較で優劣をつけるようなものや、人間としての成長阻むようなものである場合は、あなたの世代で描き直し、意識してより良質なものに変更し行動することで、ファミリーが健康に永続的に進展していけるようになります。気づいた時がバージョンアップの時です。

フォローする

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です