同族経営の悩みを解消・事業承継、後継者育成、ファミリー会議をサポート・コンサルティング、コーチング、講演、ファミリー研修
トップページ ファミリービジネスとは サービス WellSpringについて FAQ リソース・情報源 お問合せ

ファミリービジネスとは
ファミリービジネスの時代
老舗に学ぶ
7代続けば本物
ファミリービジネスならではの課題
成功するファミリービジネス
サービス
200年クラブ
コンサルティング
研修・セミナー
特別MBA経営チーム育成コース
講演
エグゼクティブ・コーチング
クライアントの声
WellSpringについて
代表者プロフィール
パートナーコンサルタント
FFIについて
よくあるご質問
リソース・情報源
代表 武井一喜の著書
 
 
 
Family Firm Institute
 
経営コンサルタント探しの「経営堂」

 

 HOME > リソース > メルマガ

 

  メルマガ 【ファミリービジネス新時代】 
 
   

 第39号 ファミリーとビジネスが離れすぎている問題

 


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
2012年12月26日
                       ■OWNERSHIP■ 

【ファミリービジネス新時代】
                   ■FAMILY■ ■BUSINESS■
 
第39号 ファミリーとビジネスが離れすぎている問題
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

 今年もあとわずか。お忙しくお過ごしのことともいます。

 
■■■ 目次 ■■■□□□□□□□□□□□□
  
   ■ファミリーとビジネスが離れすぎている問題

   ■ブログ「ファミリービジネスのススメ」から 

   ■200年クラブご案内
  
   ■WellSpringサービスメニュー
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
  
  
■■■ ファミリーとビジネスが離れすぎている問題 ■■■□□□□□□
 

今年いただいたご相談を振り返ると、
あるパターンに気が付きます。

それは、戦後の高度経済成長とともに
ファミリーとビジネスの距離が広がった、
ということです。

例えば、
「当然あとを継ぐと思っていた大学生の息子が
 父の経営する会社に入らたがらない」

「社長夫人が息子を後継者にすることに反対している」

「後継者夫人が夫の会社のこをよく知らない」

などで、こうした相談が多くありました。


事業を営む家としての精神が、
創業家の中で共有されず、
次世代にも伝えられていないのです。


これらの相談がある会社はほとんどが戦後に創業した会社です。

創業世代は、家庭生活と仕事の境目がない状態で、
家族も従業員も一緒に生活するような毎日でした。

そこでは社長夫人も従業員の食事を用意したり、
会社の来客を接待したりしました。

また、社長の子供たちも忙しいときには荷造りや配達を手伝いました。

このように、仕事と生活が一体になった中で
ビジネスがファミリーの身近な存在でありました。

高度経済成長の過程で、
社長宅は郊外の住宅地に移り、
住み込み社員の食事は専属の寮母さんが作るようになりました。

社長宅での接待は無くなり、
社長夫人は接待の場に出ることが少なくなりました。

社長夫人は、会社の状況を知る術を失い、
子供達も家業とは無関係の生活を送るようになります。

さらに世代が変わり、
新たに嫁いだ後継者夫人は、
自分はビジネスとは無関係と考え、
子供たちも父親はサラリーマンと変わらないものだと
考えるようになります。

ファミリーとビジネスを切り離すことを良しと考える
コンサルタントやアドバイザーの指導も手伝って、
社長や後継者は、仕事を家庭に持ち込まないことを美徳と考え、
創業家としての役割、責任や事業家としての社会的な価値を
家庭内で話さないようになっていきました。

そのようにして戦後の60年近くを経た今、
初めにお話ししたような問題が噴出しています。

ところが、
100年、200年と続くファミリービジネスでは、
このような問題は聞かないものです。

それは、ファミリーの中に、事業家としての価値観が浸透し、
その価値観が代々受け継がれる仕組みが
作られているからだと思います。

子供たちは夏休みに会社でアルバイトする、
おじいさんが孫たちに先祖の話を伝える、
代々続く家庭内の儀式を毎年行う、など
事業家ファミリーとしての価値観を
次世代や配偶者に伝え、育む仕組みを持っています。

欧米のファミリービジネスでは、
このようなファミリーの伝統や、企業家精神を育むために
ファミリー評議会、ファミリーアカデミーなど、
さまざまな努力がなされています。

日本のファミリービジネスの現状を見るにつけ、
長寿企業大国の看板をいつまで掲げることができるのか、
疑わしく思わざるを得ません。


強いファミリーが強いビジネスを作る。


このことを真剣に考えさせられる1年でした。

是非とも家庭でビジネスの喜びや責任感を分かち合い、
職場で人としてのあるべき姿を考える、

「すこしビジネス的なファミリーと、すこしファミリー的なビジネス」

を実現していただけることを願ってやみません。


■■■ブログ「ファミリービジネスのススメ」から■■■□□□□□□□□□

   
◆FFI 2012 総会に行ってまいりました
  
今年はベルギーのブリュッセル。
4年に1回はアメリカを離れ、ヨーロッパで行われています。
前回のヨーロッパ開催は4年前のロンドン。

通常は400名〜500名の参加ですが、今回は300名弱。
やはりアメリカ人の参加が減るようです。

逆に今回目立つのはアジア勢です…

 http://family-business.weblogs.jp/blog/2012/10/ffi-2012.html

◆FFI 2012 「ファミリービジネス」から「ファミリーエンタープライズへ」

ここ数年でFFIでは「ファミリービジネス」という言葉があまり使われなくなり、
その代わりに「ファミリーエンタープライズ」と呼ばれることが多くなっている。

この背景には、26年の歴史の中で、FFIで扱われる課題や問題意識が変化してき
ていることがある…
 
 http://family-business.weblogs.jp/blog/2012/10/famirlyenterprise.html

◆FFI 2012 ファミリーの人数が減っていく

毎年FFI総会に来ると、その年の新しい話題を耳にすることがある。
今年の新しい話題は、「ファミリーの人数が減っていく」現象だ。
日本に限らず、先進諸国では少子化、高齢化が進む。
従来、子だくさんの傾向が強かったビジネスファミリーも、
だんだんと少子化の波にのまれつつある。…
  
 http://family-business.weblogs.jp/blog/2012/10/decreaseinnumber.html


■■■200年クラブご案内■■■□□□□□□□□□□□□□

 200年クラブは、同族経営オーナーと、その家族、親族の方のための
 会員組織です。
 従来のビジネス交流会では扱われてこなかった、
 ファミリーとビジネスの課題に取り組み、
 ビジネスの発展とファミリーの幸福の両方を、永続的に実現するため、
 オーナー経営者をはじめ、後継者、オーナー一族の皆様の
 学習、実践、交流の場を提供します。
 
 
 
 ●会員特典
 
 ・CD「ファミリービジネス繁栄と永続の秘訣」
 ・ニュースレター(季刊)
 ・会員専用ホームページ(各種ダウンロード、情報提供)
 ・会員専用ビデオライブラリー
 ・電話相談(1回45分)年間2回無料
 ・テキスト 「200年企業ワークブック」
   一般価格¥10,000のところ
   会員価格\6,000 さらに 改訂版への更新無料
 ・コンサルティング割引
 

 ●対象
  ・ファミリービジネス経営者、後継者の方
  ・オーナーファミリー一族の方 
  ・ファミリービジネスの取締役、それに準ずる方

  ・世代交代の時期にある経営者、後継者の方
  ・家族、親族内のコミュニケーションを改善したい方
  ・事業承継したいが何から始めてよいかわからない方
  ・永続の基盤を作りたい方

  ※士業、アドバイザー、コンサルタントの皆様には
   FBAA(日本ファミリービジネスアドバイザー協会)をお勧めします。
   http://fbaa.jp/index.htm

 
 ●年会費
 
  ¥36,000 (1名様あたり 1年間)
 
 

 詳細・お申込はこちら
 
  http://www.family-business.jp/service/Club200.htm

■■■WellSpringサービスメニュー■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
  
 WellSpringは各種サービスを通して
 ファミリービジネスの成長と永続を支援しています。
 
 ◆コンサルティング
   ・事業承継プランニング、実行支援
   ・緊急時対応プラン
   ・経営革新
   ・後継者育成、後継経営チームづくり

 ◆研修・セミナー

 ◆講演

◆世代交代前の次期経営チーム育成 

 ◆エグゼクティブコーチング、事業承継コーチング、後継者メンタリング

 詳しくはこちらへ
 
   http://www.family-business.jp/service/index.htm
 
 
 
   □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
 最後までお読みいただき、ありがとうございました。
 
 このメルマガが、読者のファミリービジネスの繁栄と永続のために
少しでも役立つことができれば、また専門家の方にとっては、
クライアントへのアドバイスのヒントになれば嬉しく思います。

 ご質問、ご要望など、ぜひお寄せください。
 どうぞよろしくお願いいたします。
 では、次回またお会いしましょう。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご意見・ご感想・ご質問等
→ http://www.family-business.jp/contact.htm
購読登録・解除
→ http://www.family-business.jp/resource/MaiMagazine.htm
──────────────────────────────
発行元:WellSpring ウエルスプリング
http://www.family-business.jp/WellSpring/index.htm
発行責任者:武井一喜 takei@wellspring.co.jp
──────────────────────────────

 

 
 
 
 
 
ブログ「ホントは強い同族経営ファミリービジネスのススメ
Loading...

 
メルマガバンクナンバー
創刊号ファミリービジネス(同族経営)の物差し
ファミリーが共有する夢
「うちはファミリービジネス」と胸を張って言おう
オヤジ(社長)対ムスコ(専務)
後継者の意識が変わるとき
事業承継は単なる社長交代ではない
繁栄と永続をもたらす処方箋
ファミリービジネスの女性リーダー
夫婦の役割を考える
10 ファミリー会議はブラジル企業でも定番
11 あなたのファミリーは内部の対立を解消できますか?
12 地域のコミュニティーを大切にしていますか?
13 家系図(ジェノグラム)を作ってみよう
14 サントリー:ファミリービジネスの最高峰
15 新常識:「ファミリー」と「ビジネス」は分離してはならない
16 世界の常識に逆行する、日本のファミリービジネス税制
17 「同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?」
18 好評です。新著「同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?」
19 ファミリービジネス・コンサルタントの世界会議
20 ファミリーの富とは? 〜FFI総会から〜
21 『ふりかえれば未来』
22 長寿企業はファミリービジネス
23 ファミリービジネス:新しい日本の希望
24 200年の社歴が育てる不屈の精神
25 相談内容から見えてくる、相手に変化を起こす方法
26 後継者の社長就任1か月で起きること
27 オヤジ対ムスコ スタジオジブリの場合
28 伊勢の遷宮は永続の秘訣
29 学習するファミリー
30 鉄道王と金融王、子孫の存亡を分けたもの
31 100年は運が良かった、200年続けば本物
32 会社ではできない話
33 ファミリーにも必要な「客観的な目」
34 2012年 両手利きのリーダーシップ
35 3つのファミリービジネスプロジェクト
36 三段ロケット
37 ワンマンオーナー社長からの事業承継
38 ファミリービジネスだから次期社長を育てられる
39 ファミリーとビジネスが離れすぎている問題
40 ファミリービジネスアドバイザー資格(AFBA)とは
41 ファミリービジネスコンサルタントの世界大会
   
   
 
Twitterより
 
 


| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー |