同族経営の悩みを解消・事業承継、後継者育成、ファミリー会議をサポート・コンサルティング、コーチング、講演、ファミリー研修
トップページ ファミリービジネスとは サービス WellSpringについて FAQ リソース・情報源 お問合せ

ファミリービジネスとは
ファミリービジネスの時代
老舗に学ぶ
7代続けば本物
ファミリービジネスならではの課題
成功するファミリービジネス
サービス
200年クラブ
コンサルティング
研修・セミナー
特別MBA経営チーム育成コース
講演
エグゼクティブ・コーチング
クライアントの声
WellSpringについて
代表者プロフィール
パートナーコンサルタント
FFIについて
よくあるご質問
リソース・情報源
代表 武井一喜の著書
 
 
 
Family Firm Institute
 
経営コンサルタント探しの「経営堂」

 

 HOME > リソース > メルマガ

 

  メルマガ 【ファミリービジネス新時代】 
 
   

 第14号 サントリー:ファミリービジネスの最高峰

 


□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
2010年2月23日
                       ■OWNERSHIP■ 

【ファミリービジネス新時代】
                   ■FAMILY■ ■BUSINESS■
 
第14号 サントリー:ファミリービジネスの最高峰
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 

 キリンとサントリーの経営統合が破談に終わりました。
 
 今回の件をどう考えるか、と聞かれることが多いので、
 今月はこのテーマを通してファミリービジネスを考えたいと思います。
 
 
 ネスレやコカコーラといった巨大企業に肩を並べる日本の会社の誕生を
 楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。
 
 私もその1人でした。
 オーナーシップを巡る困難な問題がありながらも
 それを乗り越えて統合を実現し、
 利益至上主義や株主至上主義に偏らない、
 日本発のグローバルなファミリービジネスができることは、
 大変楽しみにしていたことでもありました。
 
 
 昨年、経営統合のニュースを聞いたとき、
 非公開ファミリービジネスのサントリーが
 経営統合を考えなければならないほどに
 グローバルな競争が激しくなっているのか、
 と私は驚きました。
 
 サントリーの持ち株会社、寿不動産を通じて
 90%を所有する創業一族が
 半数以下の持ち株比率になってでも
 経営統合によって規模を拡大しないと会社の将来は不安だ、
 と判断したのです。
 
 持ち株比率を減らしてでも経営統合の交渉を開始する、
 という意思決定を創業一族が行ったことは
 会社の発展と永続に対する
 創業一族の強いコミットメントを感じさせるものでした。
 
 
 鳥井一族の中で相当な議論があったであろう事は、想像に難くないことです。
 このような困難な意思決定を行った、
 鳥井一族のオーナーとしての意思決定の能力に感動を覚えました。
 
 
 そして今回の破談という結論です。
 
   交渉が難航していた最終段階で、サントリーの佐治社長は、
   キリンの加藤社長に長文の手紙をしたためた。
   手紙の中で佐治社長は「短期的な利益や配当など求めず、
   長期的な視野で事業を後押しする応援団。
   それが普通の企業ではできない冒険を可能にし、
   今のブランドと自由な社風を築いてきた」
   と「サントリーの歴史」に触れながら、
   寿が経営に介入する「口うるさい大株主」ではないことを力説した。
   (毎日新聞)
 
 
 まさにこれが今回乗り越えることができなかった、
 「オーナー(株主)とは会社にとって何者か?」
 という認識の違いだと思います。
 
 サントリーにとって、オーナー一族は長期にわたって会社を支える
 『守護者』であり、
 キリンにとって、株主はステークホルダーとして
 大切にしなければならない存在とは言いながらも、
 『部外者』であり、口うるさい存在なのです。
 
 
 サントリーがどれほどのタイムスパンで経営統合を考えていたのかは、
 毎日新聞の記事にある、重要案件の寿不動産に対する事前調整の明文化に
 関する話からわかります。
  
   交渉過程で佐治社長は取材に対し、
   「私と加藤君の代は話せば分かるから良いが、
   次の代、その次の代に変なことになったら困る。
   会社がうまくいっている限りは行使するつもりはないが、
   権利だけは確保しておく」と語っている。(毎日新聞)
 
 
 一方キリンの株主は、このような長期的なスパンで
 経営統合を見ているとは考えにくいものです。
 統合による即効性のある利益を求める株主が大半であろうと思います。
 
 
 「次の代、その次の代」が困らないように。
 これがサントリー創業一族の事業の継続性への強い決意であり、
 今回、交渉の中止という意思決定を行った根本にあるものだと思います。
 
 
 強いファミリービジネスとは、強いファミリーに支えられたものであり、
 強いファミリーとは、事業に対する強いコミットメントを持ち、
 しっかりとした意思統一による決定ができる
 高度なコミュニケーション能力を備えているものです。
 
 今回の出来事は、鳥井一族のファミリーの
 ガバナンス力の高さを感じさせるものでありました。
 そしてこのガバナンス力の高さによって、
 サントリーはさらに発展していくことだろうと思います。

■■■お知らせ■■■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

  ◆山田修(パートナーコンサルタント)新刊
 
 WellSpringのパートナーコンサルタント、山田修の新刊が出ました。
 
    「あなたの会社は部長がつぶす! 」
 
 6社の会社の社長を務め、すべての会社の業績を回復させるなどして
 「再建請負経営者」と評された山田修が、
 その経営ノウハウを惜しみなく語ります。

  彼が社長を務めた会社は、すべて中小企業です。
 小さい会社で10数名、大きくても200名程度。
 公開企業や大企業の経営手法は中小企業の経営とは違います。

 6社で実証された経営術が、具体的に丁寧に語られています。

 ファミリービジネス経営者、後継者の方にお薦めです。


  http://www.amazon.co.jp/%E3%81%82%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%81%AE%E4%BC%9A%E7
%A4%BE%E3%81%AF%E9%83%A8%E9%95%B7%E3%81%8C%E3%81%A4%E3%81%B6%E3%81%99-% E5%B1%B1%E7%94%B0%E4%BF%AE/dp/4894513846

 


 
■■■ブログ「ファミリービジネスのススメ」から■■■□□□□□□□□□
 
 
  
  ◆なぜ今ファミリービジネスなのか(5)株主価値至上主義の反省
 
 ハーバードビジネスレビューの編集者が掲げた、
 この10年で最も影響を与えた
 経営概念ベスト12のトップにランクされたのが、
 「株主価値至上主義の戦略」だ。…
  
  http://family-business.weblogs.jp/blog/2010/01/shareholdervalue.html
 
 
 
  
  ◆なぜ今ファミリービジネスなのか(6)家族の絆、地域社会の絆
 
 NHKが朝と夜のニュース番組で
 『日本社会は、なぜ絆を失ってしまったのか。
 どうすれば、新しい絆をつくることができるのか』
 をテーマにキャンぺーンを行っている…
 
  http://family-business.weblogs.jp/blog/2010/01/familybond.html
 
  
  
  
  ◆次の世代で会社をダメにする13の簡単な方法
  
 米国の雑誌「Family Business Magazine」2010年冬号に、
 おもしろい記事があるのでご紹介する。
 どうやったら簡単に次の世代が会社を失うか、というもの…
  
  http://family-business.weblogs.jp/blog/2010/02/thirteenways1.html
 
 
 
  ◆後継者の成長に役立つツール:四行日記
 
 後継者がリーダーとして成長していく過程は、試練の連続だ。
 香川大学の八木陽一郎准教授は、後継者のリーダーシップ育成のためには
 「内省」と「対話」が有効だとしている…
 
  http://family-business.weblogs.jp/blog/2010/02/yongyounikki.html

■■■WellSpringサービスメニュー■■■□□□□□□□□□□□□□□□□
 
 WellSpringは各種サービスを通して
 ファミリービジネスの成長と永続を支援しています。
 
 
 ◆世代交代前の次期経営チーム育成 

   「特別MBA経営チーム育成コース」
 
   世代交代前の貴重な時期に、現場を離れることなく、
   短期間で次期経営チームの戦略能力アップ、
   後継者を中心にしたチームワークの育成を行います。
   貴社メンバーだけを対象に行うプログラムです。
 
  http://www.family-business.jp/service/NMTD.htm
 
  ◆コンサルティング
   
   FFI(米国:Family Firm Institute)が定める、
   ファミリービジネス・アドバイザーの倫理規定を遵守します。
 
   依頼内容の例:
   -親族内の紛争の解消
   -円滑な事業継承のためのプランの作成、実行支援
   -後継者育成プランの作成
   -事業の継続的な発展を組織として支える
    クレド(ビジョン、ミッション、行動規範の文章化)の作成
   -親族間の問題のリサーチ、分析、対応策の提案
   -ファミリーメンバーを対象とした家族会議の企画、
    実行支援、ファシリテーション
   -取締役会の効果的な構成と運営
 
   http://family-business.jp/service/Consulting.htm
 
 
  ◆研修・セミナー
 
   対象:
   - 銀行、ディーラー会、二世会、商工会議所など
   - オーナー一族を対象にしたファミリー向け研修
   - 社内の次世代経営チームメンバー
   
   テーマ:
   - ファミリービジネス全般
   - 次世代経営チームの「チームビルディング」
   - 世代間コミュニケーション(ジェネレーションギャップの解消)
   - 事業承継プランニング
   - ファミリービジネスのための戦略プランニング
   - オーナーファミリーとビジネスをつなぐ取締役会の機能化
   - ファミリーガバナンス
   - 次期経営者のためのオーナーシップ教育
   - ファミリー内のコミュニケーションと意思決定
   - 非ファミリーメンバーの意欲向上 など
 
   http://family-business.jp/service/Seminar.htm
 
 
  ◆講演 <主なテーマ>
 
   「ファミリービジネス(同族経営)成功の法則」
   「老舗に学ぶ・企業存続の秘訣」
   「二代目のジレンマ・オヤジとの対決」
   「社長と専務で考える事業承継」
   「夫婦で考えるファミリーとビジネス」
   「プロのファミリービジネス経営者になるための7つのチャレンジ」
 
   http://family-business.jp/service/Presentation.htm
 
 
  ◆エグゼクティブコーチング、事業承継コーチング、後継者メンタリング
 
  コーチやメンターは後継者育成をサポートする重要な役割になります。
   事業承継を計画的に行う場合、コーチやメンターをおくことは必須です。
   WellSpringのコーチ、メンターはビジネス経験豊富です。
 
   http://family-business.jp/service/Coaching.htm
 
 
 
   その他、詳しくはこちらへ
 
   http://www.family-business.jp/service/index.htm
 
 
 
   □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
 
 このメルマガが、読者のファミリービジネスの繁栄と永続のために
少しでも役立つことができれば、また専門家の方にとっては、
クライアントへのアドバイスのヒントになれば嬉しく思います。
 
 誌上でご相談にお答えするコーナーも作りたいと思います。
 (もちろん匿名性を保持します。)
 
 どうぞよろしくお願いいたします。
 では、次回またお会いしましょう。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご意見・ご感想・ご質問等
→ http://www.family-business.jp/contact.htm
購読登録・解除
→ http://www.family-business.jp/resource/MaiMagazine.htm
──────────────────────────────
発行元:WellSpring ウエルスプリング
http://www.family-business.jp/WellSpring/index.htm
発行責任者:武井一喜 takei@wellspring.co.jp
──────────────────────────────

 

 


 
 
 
 
 
ブログ「ホントは強い同族経営ファミリービジネスのススメ
Loading...

 
メルマガバンクナンバー
創刊号ファミリービジネス(同族経営)の物差し
ファミリーが共有する夢
「うちはファミリービジネス」と胸を張って言おう
オヤジ(社長)対ムスコ(専務)
後継者の意識が変わるとき
事業承継は単なる社長交代ではない
繁栄と永続をもたらす処方箋
ファミリービジネスの女性リーダー
夫婦の役割を考える
10 ファミリー会議はブラジル企業でも定番
11 あなたのファミリーは内部の対立を解消できますか?
12 地域のコミュニティーを大切にしていますか?
13 家系図(ジェノグラム)を作ってみよう
14 サントリー:ファミリービジネスの最高峰
15 新常識:「ファミリー」と「ビジネス」は分離してはならない
16 世界の常識に逆行する、日本のファミリービジネス税制
17 「同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?」
18 好評です。新著「同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?」
19 ファミリービジネス・コンサルタントの世界会議
20 ファミリーの富とは? 〜FFI総会から〜
21 『ふりかえれば未来』
22 長寿企業はファミリービジネス
23 ファミリービジネス:新しい日本の希望
24 200年の社歴が育てる不屈の精神
25 相談内容から見えてくる、相手に変化を起こす方法
26 後継者の社長就任1か月で起きること
27 オヤジ対ムスコ スタジオジブリの場合
28 伊勢の遷宮は永続の秘訣
29 学習するファミリー
30 鉄道王と金融王、子孫の存亡を分けたもの
31 100年は運が良かった、200年続けば本物
32 会社ではできない話
33 ファミリーにも必要な「客観的な目」
34 2012年 両手利きのリーダーシップ
35 3つのファミリービジネスプロジェクト
36 三段ロケット
37 ワンマンオーナー社長からの事業承継
38 ファミリービジネスだから次期社長を育てられる
39 ファミリーとビジネスが離れすぎている問題
40 ファミリービジネスアドバイザー資格(AFBA)とは
41 ファミリービジネスコンサルタントの世界大会
   
   
 
Twitterより
 
 


| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー |