同族経営の悩みを解消・事業承継、後継者育成、ファミリー会議をサポート・コンサルティング、コーチング、講演、ファミリー研修
トップページ ファミリービジネスとは サービス WellSpringについて FAQ リソース・情報源 お問合せ

ファミリービジネスとは
ファミリービジネスの時代
老舗に学ぶ
7代続けば本物
ファミリービジネスならではの課題
成功するファミリービジネス
サービス
200年クラブ
コンサルティング
研修・セミナー
特別MBA経営チーム育成コース
講演
エグゼクティブ・コーチング
クライアントの声
WellSpringについて
代表者プロフィール
パートナーコンサルタント
FFIについて
よくあるご質問
リソース・情報源
代表 武井一喜の著書
 
 
 
Family Firm Institute
 
経営コンサルタント探しの「経営堂」

 

 HOME > リソース > メルマガ

 

  メルマガ 【ファミリービジネス新時代】 
 
   
  第3号 「うちはファミリービジネス」と胸を張って言おう
 

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
2009年3月2日
                                       ■OWNERSHIP■ 
【ファミリービジネス新時代】
                                   ■FAMILY■   ■BUSINESS■

第3号 「うちはファミリービジネス」と胸を張って言おう

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

こんにちは

昨年行った後継者向けの集中セミナー「ファミリービジネスのリーダーになる」
では、参加者の皆さんから感想をたくさんいただきました。

・発見や気づきがありました。一歩進展した感触を得られたこともあり感謝して
 います。

・自分の身の振り方にガツンと来る言葉がありました。
 『社長との接し方』大事なことを考えることを避けてきたと気づきました。
 対立を避けるために自分は受け流しすぎたのかも知れません。

・この講座は、ファミリービジネスの方々が救われると思います。
 ぜひ数多く開催してください。

・始めて社長とじっくり話ができました。
 互いの理解が深まった気がします。


中でも私にとって特にうれしかったのは、

・会社には親族が大勢いて、今まで同族会社であることに後ろめたさを感じてい
 ましたが、これがわが社の強みの源泉だと気付きました。
 これからは胸を張って「うちはファミリービジネスだ」
 と言いたいと思います。

という感想です。


豊田、竹中、江崎、永谷、武田、林原、島村…

これらの苗字を見て、何を連想しますか?
それぞれが各業界を代表する優秀な企業で、
苗字が社名になり、ブランドにもなっています。

海外でも、

Porsche, Michelin, Marriot, De Beers, Mars, Levi Strauss, Heineken...

同じようにファミリーの名前が社名になり、ブランドになっています。


ここ数年、中小企業白書には同族企業からの脱却を促す内容が多く見られます。

同族企業は非同族企業に比べ、能力のある人材を幅広く登用できず、
その結果、同族企業の売上高や雇用人数の伸びは、
非同族企業に比べて劣っているというものです。

マスコミの論調にも同族企業は前時代的な甘い経営、という印象があります。


しかし、同族企業は本当に非同族企業に比べて劣るのでしょうか?

日本の企業のほとんどは同族企業(ファミリー企業、ファミリービジネス)です。
中小企業庁の調べでは、
世代交代した企業の後継者の63%は前代表者の同族であるとされ、
また税法上の同族企業で見ると、日本の企業の95%は同族企業です。


欧米では近年、ファミリービジネスに関する数多くの調査が行われた結果、
非同族に比べて同族企業の方が業績が良く、
永続性も高いという事が定説になっています。

国内でも同じような調査が行われ、同様に

1.日本では、ファミリービジネスが非ファミリービジネスより業績が良い、
2.日本では、ファミリービジネスが非ファミリービジネスより、
  財務構造が良い、

という結果が出ています。

近年、欧米を初めとして数多くのビジネススクールがファミリービジネス研究所
を設置しているのも、ファミリービジネスの優秀性が認識されてきているためな
のです。


国内では未だに同族経営は遅れた企業の形態と見られる傾向がありますが、
国内でも世界でも、実際に経済を支えているのはファミリービジネスであり、
業績も良く、また永続性も高いのです。


世界的な金融危機が物語ることも、
短期的な株主の利益ばかりを追い求めてきたことへの
反省が求められているということではないでしょうか。

ファミリービジネスが持つ長期的な視点や、
創業の精神を世代から世代へと引継ぎ、
時代に合わせてその形を変化させていくその方法を学び、
実践していくときだと思います。


「うちはファミリービジネスだ」と宣言することから、
永続と繁栄への旅が始まります。

ファミリービジネスであることを認め、
そのことを意識し誇りを持つことでファミリービジネス特有の強みを生かし、
弱みを克服することができるようになるのです。

■■■ブログ「ファミリービジネスのススメ」から■■■□□□□□□□□□□


 ◆第4世代の育成事例

今回の経済危機の影響で、多くのファミリーオフィスでは
ファミリーメンバーに対する教育予算を削減していると言われているが、
昨年のFFI総会での発表のひとつに、
あまり多くの予算をかけずに次世代を育成している事例が紹介された…
 http://family-business.weblogs.jp/blog/2009/02/post-b747.html

 ◆2008年度ファミリービジネス大賞
2月10日、FBN Japanのファミリービジネス大賞が発表されました。
今年の大賞は株式会社にんべんが受賞。
ご存知、300年の歴史を持つ、鰹節の老舗です。
現在の社長、高津伊兵衛氏は12代目です…
 http://family-business.weblogs.jp/blog/2009/02/2008-77d1.html

 ◆いとこ、はとこ大連合
最近、違う場所で同じような話を聞く機会があった。
それは、違う地域や違う業界で事業を行っている
第3世代、第4世代のファミリーが、
事業の連携を図り、あるいは合併し、
競争力を高めようとする動きだ…
 http://family-business.weblogs.jp/blog/2009/02/post-89f8.html

   □□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□


このメルマガが、読者のファミリービジネスの繁栄と永続のために少しでも役立
つことができれば、また専門家の方にとっては、クライアントへのアドバイスの
ヒントになれば嬉しく思います。

誌上でご相談にお答えするコーナーも作りたいと思います。
(もちろん匿名性を保持します。)

どうぞよろしくお願いいたします。
では、次回またお会いしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ご意見・ご感想・ご質問等
→ http://www.family-business.jp/contact.htm
購読登録・解除

──────────────────────────────
発行元:WellSpring ウエルスプリング
http://www.family-business.jp/WellSpring/index.htm
発行責任者:武井一喜 takei@wellspring.co.jp
──────────────────────────────



 
 
 
 
 
ブログ「ホントは強い同族経営ファミリービジネスのススメ
Loading...

 
メルマガバンクナンバー
創刊号ファミリービジネス(同族経営)の物差し
ファミリーが共有する夢
「うちはファミリービジネス」と胸を張って言おう
オヤジ(社長)対ムスコ(専務)
後継者の意識が変わるとき
事業承継は単なる社長交代ではない
繁栄と永続をもたらす処方箋
ファミリービジネスの女性リーダー
夫婦の役割を考える
10 ファミリー会議はブラジル企業でも定番
11 あなたのファミリーは内部の対立を解消できますか?
12 地域のコミュニティーを大切にしていますか?
13 家系図(ジェノグラム)を作ってみよう
14 サントリー:ファミリービジネスの最高峰
15 新常識:「ファミリー」と「ビジネス」は分離してはならない
16 世界の常識に逆行する、日本のファミリービジネス税制
17 「同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?」
18 好評です。新著「同族経営はなぜ3代でつぶれるのか?」
19 ファミリービジネス・コンサルタントの世界会議
20 ファミリーの富とは? 〜FFI総会から〜
21 『ふりかえれば未来』
22 長寿企業はファミリービジネス
23 ファミリービジネス:新しい日本の希望
24 200年の社歴が育てる不屈の精神
25 相談内容から見えてくる、相手に変化を起こす方法
26 後継者の社長就任1か月で起きること
27 オヤジ対ムスコ スタジオジブリの場合
28 伊勢の遷宮は永続の秘訣
29 学習するファミリー
30 鉄道王と金融王、子孫の存亡を分けたもの
31 100年は運が良かった、200年続けば本物
32 会社ではできない話
33 ファミリーにも必要な「客観的な目」
34 2012年 両手利きのリーダーシップ
35 3つのファミリービジネスプロジェクト
36 三段ロケット
37 ワンマンオーナー社長からの事業承継
38 ファミリービジネスだから次期社長を育てられる
39 ファミリーとビジネスが離れすぎている問題
40 ファミリービジネスアドバイザー資格(AFBA)とは
41 ファミリービジネスコンサルタントの世界大会
   
   
 
Twitterより
 
 


| HOME | 会社概要 | プライバシーポリシー |